TEL. 099-251-1377
会員登録:http://horikiri--bone.com

その手首の痛み腱鞘炎かも?

6月 27 2018|投稿:horikiri-ski

腱鞘とは、腱を包んでいる鞘のようなものなんですが、そこが炎症をおこして腱と腱鞘の滑りが悪くなっている状態を腱鞘炎と言いますが、特に起こりやすいのが親指の上の手首辺りに痛みが出るド・ケルバン病と言われる腱鞘炎ですね。

ド・ケルバン病 は更年期や赤ちゃんのお母さんなどに多いといわれていますが、男性にも発症しないとはいえません。手首を動かしたり、親指動かして痛みを感じるようであれば、下の写真の様なテストをしてみて痛みが強くてなるようであれば腱鞘炎の可能性が高いですね。

フィンケルスタインFinkelsteinテスト:親指を握りこんで小指の方へ手首を曲げていくと赤丸部分が痛みが出る。

軽い腱鞘炎の場合は、グラストンテクニックを使って

痛みが強い、又は発症してからだいぶ時間が経っている時は、グラストンテクニック➕インディバアクティブなんて事もやります。

いろいろな治療を受けたけど改善が見れない、何度も再発しているなどのご相談はほりきり整骨院まで、お待ちしております。

⇒こちらから登録すると、24時間予約受付しておりますのでよろしくお願いします。 http://horikiri–bone.com/?ckc


comment closed