TEL. 099-251-1377
会員登録:http://horikiri--bone.com

肋骨骨折

4月 15 2015|投稿:horikiri-ski

こんにちは、鹿児島市真砂本町のほりきり整骨院院長の堀切です。

ここ最近ほりきり整骨院では、肋骨骨折の患者様が多く来院してます。

教科書的には第5肋骨~第8肋骨、特に第7肋骨に多い。となってますが来院される患者様ではそれぞれで上は第3肋骨、下は第10肋骨まで様々です。年齢も様々で、最近では40歳前後のとくに男性が多いですが、女性の方もいらっしゃいます。

そのほとんどが、転倒によりどこかにぶつけたことにより受傷されています。

最初の一週間は呼吸するだけでも、かなり痛みますし、手も上がりません咳やくしゃみは、ハッキリ言って地獄です。

二週目に入ると呼吸での痛みはかなり減りますが、身体をひねったり手を上げたりも痛いし、やはり相変わらず咳、くしゃみは激痛です。

三週目では、呼吸での痛みはほとんど無くなり、身体もひねれるし、手も上げることが出来ますが、咳、くしゃみの時は少し痛みます。

四週目に入るとビックリする程、痛みを感じなくなります。咳、くしゃみは多少違和感は残ってるかもしれませんが、今までとは段違いです。

以上に書いてきた症状は、ほりきり整骨院でのインディバアクティブと、グラストンテクニックを併用した独自の治療法を最低でも週に2回以上(もちろん症状によって回数や施術法など変わってきます)実施した経過です。

写真の患者様は、スポーツ選手ですが、三週目から軽く体を動かし始めて、四週目には競技復帰(完全復帰は一ヶ月経過後)されました。

お仕事をされている方もいらっしゃいましたが、テーピングと肋骨バンドによる固定はありますが、皆様休まず働いていました。一週目はかなりキツイですが...

最後になりますが、整骨院での骨折の治療は、お医者様の同意が必要となります。3c8b7d8ea7e3e3fb118b2232ade05262a9345c8 d2a574e3ce364836a40588a688b97a3c3fd9d27 98a4ba4225718e1827453f9e5895fe79b21d091

 

 

 

 


comment closed